So-net無料ブログ作成
検索選択

若年性更年期障害の症状を見ると必ず感じること [健康]

最近、ふと気になっているのが「若年性更年期障害」というのもの。

症状は・・・
【体の内面】
・すぐに疲れる
・些細な事が気になりイライラが続く
・眠りが浅い、寝つきが悪い
・急に不安な気持ち、劣等感に襲われる
・些細なことで泣いてしまう
・動悸や息切れしやすい
便秘が以前よりひどくなった
【体の外面】
・肌のハリが悪くなった
・体のふしぶしが痛い
・頭痛やめまいに悩まされている
・体の冷えが以前よりも気になり始めた

たくさん当てはまるものがあるんだけど・・・といつも感じる。

スポンサーリンク




私は20歳の頃くらいから生理不順で「プラノバール」という女性ホルモンを整える薬を飲んでいた。中用量ピルになる。プラノバールは、不妊症、子宮内膜症、PMS(月経前緊張症)、生理痛(月経困難症)機能性子宮出血、無月経、生理不順などに作用する。避妊薬としての効果もある。

去年、手術をすることになったときに、プラノバールを飲んでいると副作用の心配があって手術ができないということから今は低用量ピルの「アンジュ28」を飲んでいる。

プラノバールは保険適用の薬。アンジュは保険適用外の薬で「避妊用ピル」として使われているもの。
副作用は低用量ピルの方が少ない。血栓症、乳がんや子宮頸がんのリスク、肝障害などの副作用を減らすために、卵胞ホルモン量を50μg未満にするよう勧告がだされたものだそうだ。

簡単いえば、体に優しいのが低用量ピル。
昔は中用量ピルから低用量ピルに切り替えると、不正出血が起きてしまっていたけど、今は低用量ピルでも生理不順は落ち着いている。

生理痛は重たいけれど、薬を飲んでいないよりは軽くなっているはず。ピルの副作用は、もう長年服用しているから気にならない。もちろん最初は副作用は起きた(^^;;

若年性更年期障害と自律神経失調症というのは紙一重だという。
しかも一番の原因はストレスだそうだ。過度なダイエットや不規則な生活も原因になる。

最近、体調が悪くてイライラしていることが多い。。。でもたどり着くところは「ストレス」というもの。この現代社会にはつきものだからしょうがない。。。。

私は、ピルを飲まなくなったら生理は来るのだろうか・・・この先、妊娠をのぞんでいるわけではないからアンジュは良い薬だと思うけども。そんなことを、ふと考えるといつも「若年性更年期障害」というものについて考える。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。